最新ニュース

2024年1月22日のデイリーニュースエジプトによると

住宅省の新都市コミュニティ局(NUCA)の出資会社である行政首都都市開発会社(ACUD)は、ニューキャピタル(新首都)で事業を展開するディベロッパーに、さまざまな投資プロジェクトで「持続可能な環境設計」を採用するよう動機づけ、奨励するためのいくつかの措置を承認しました。同社はまた、持続可能な開発の目標を実行し、再生可能エネルギー源を最大限に活用して気候変動の影響を軽減することも目指しています。

ACUDの会長兼マネージングディレクターのカレド・アッバス氏によると

「ニューキャピタル(新首都)は、スマートかつグリーンな持続可能な都市です。したがって、私たちはグリーン建設を促進し、ニューキャピタル(新首都)のディベロッパーがさまざまな投資プロジェクトで持続可能な環境設計を採用することを奨励する措置を承認しました。私たちは、これらのインセンティブが人口密度や施設に影響を与えたり、施設の増加や強化を必要としたりしないように慎重に検討してきました。グリーンで持続可能な設計と建設の利点の1つは、エネルギーの節約と消費量の削減であり、これはスマートかつグリーンな持続可能な都市としてのニューキャピタル(新首都)のビジョンと一致します。」

「ACUDは、常に国際化に努めているため、グリーン建設を促進し、LEED国際グリーン認証などの国際レベルで認められている、環境保全を目的とした承認された国際システムと連携する必要があった。」

ということです。

LEED証明書とは

「LEED(Leadership in Energy and Environmental Design)」は、世界中で使用されているグリーン ビルディング認証プログラムです。非営利の「USGBC(US Green Building Council」によって開発されたもので、グリーン ビルディング、住宅、近隣地域の設計、建設、運用、メンテナンスに関する一連の評価システムが含まれています。オペレーターは環境に対して責任を負い、資源を効率的に使用します。

一部の米国連邦機関、州および地方自治体は、LEED認証を要求したり、それに報奨を与えたりしています。これには、税額控除、ゾーニング手当、手数料の減額、および迅速な許可が含まれる場合があります。米国で最も頻繁にLEED認定を受けた建物は、オフィス、医療、教育関連の建物(60%以上)であり、次に倉庫、配送センター、小売プロジェクト、集合住宅 (さらに 20%)が続きます。調査によると、LEEDのレンタルオフィススペースは一般的に賃料と占有率が高く、資本化率が低いことがわかっています。

LEEDは「設計および建設業界に変革をもたらす力」であると言われています。 LEEDは、グリーンビルディングの枠組みを提供し、建物内でのグリーン慣行とグリーン製品の使用を拡大し、持続可能な林業を奨励し、専門家が建物を居住者の幸福とより大きな建築物の一部として考慮するのを支援したことで評価されています。

ACUDのアフメド・ファミィ事務局長は、「これらのインセンティブの承認と適用は、エンジニアリング設計の承認、プロジェクトの建設、そして最終的にはその運営の段階を含むメカニズムを通じて行われ、承認された国際基準に従って実施されることになる」

と述べています。

ニュースの見解

エジプトニューキャピタル(新首都)は、米国で導入されている環境設計のプログラム「LEED」を採用し、基準をクリアしたディベロッパーに「インセンティブ(税額控除、補助金、迅速な許可、手数料減額)」を与えることで、エジプトニューキャピタル(新首都)の緑化・環境設計を推進するということです。

LEED認証マークによって、設計・建設段階や維持方法などにおいて、人や環境に対する安全性を配慮し、資源を削減し、再生可能なクリーンエネルギーを促進する建物だとわかるのです。

ディベロッパーも、緑化・環境設計を重視することで、優遇が受けられるのであれば、積極的に「LEED認証が下りる要件での開発」をするため、エジプトニューキャピタル(新首都)が目指しているスマートシティを実現させやすいということになります。

補助金が出れば、今以上にディベロッパーは、エジプトニューキャピタル(新首都)での開発に力を入れるはずです。

それが先進国の基準に沿った、環境設計のプログラム「LEED」に即したものであれば、さらに国外からの投資が集まるはずです。

X

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ログイン

新規登録

パスワードをリセット

ユーザー名またはメールアドレスを入力してください。新規パスワードを発行するためのリンクをメールで送ります。