エジプト不動産投資に欠かせない要素である「首都移転」「ニューキャピタル」について丁寧に解説します。

エジプトの首都移転プロジェクトの概要

エジプトの2023年現在の首都は「カイロ」です。エジプトの首都カイロは、アラブで最も人口の多い都市であり、都市自体の人口は,000万人超、隣接するギザ県は約950万人で、両県を合わせたカイロ首都圏の人口は約2,000万人となっています。

経済にとっては、プラス要因ですが、急激な人口増加によって、カイロ市内は、住宅が密集し、ギザのピラミッドの周りにも、住宅、ホテル、ゴルフ場が建てられ、迫ってきているような状況です。交通渋滞もひどい状況になっている現状があります。

そんな中で、首都移転は、2015年、当時のエジプト住宅大臣モスタファ・マドブリーによって発表されました。首都移転は「Egypt Vision 2030(エジプト・ビジョン 2030)」という国家プロジェクトのメインプロジェクトとなっています。

2023年現在、エジプトの新首都にはまだ名前が付けられていません。市の新しい名前とロゴを選ぶためのコンテストが新首都のウェブサイトで開始されましたが、まだ決定はされていない状態です。現状は「New Administrative Capital(NAC)」や「New Capital」と呼ばれています。

「Egypt Vision 2030(エジプト・ビジョン 2030)」とは

2016年2月にエジプトの アブドルファッタハ・アル・シシ大統領によって発表された国家プロジェクトです。2030年までに達成される8つの主要な国家目標で構成されています。

1.生活の質

エジプトの貧困率は過去最高に達しており、最近では1999年以来20年ぶりに32.5%から29.7%に低下した。この国は2030年までに貧困を撲滅することを目標としています。

2.平等と機会均等

エジプト憲法における「主権は国民のみにあり、国民がそれを行使し保護するものであり、国民が権威の源であり、すべての国民に対する平等、正義、機会均等の原則に基づく国家統一を守るものである。」という平等、正義、機会均等などを、今よりも実現することを目標としています。

3.堅調な経済

経済の柔軟性、雇用機会の増加、金融包摂の達成、非公式経済セクターの統合を実現し、持続可能な包摂的な成長につなげます。

4.知識とイノベーション

技術的資格、資格に基づいて科学的および実践的な能力を構築することによってテクノロジーを社会的側面に結び付けることとの間の緊密な関係を確立することを目指しています。

5.持続可能な環境

気候変動の影響に向き合い、生態系の回復力と自然災害や災害に対処する能力を強化し、再生可能エネルギーへの依存を高め、持続可能な消費と生産パターンを採用することでこれを達成することを目指しています。

6.ガバナンス

国家のガバナンスに関して、透明性、説明責任を達成し、汚職と闘うために必要な法の支配と制度的枠組み の下で、統治と法律、規則、手続きの順守を確立することを目指しています。

7.平和と安全

国家は、持続可能な開発を達成し維持するための必須事項として、国および地域レベルでの包括的な意味での安全保障を最優先事項としています。この目的には、食料、水、持続可能なエネルギーの安全確保、政治的、経済的、社会的、環境的安定、情報セキュリティ(サイバー)の確保、エジプトの国境の確保、テロや組織犯罪との闘いが含まれます。

8.一流の地位

様々な周辺諸国との互恵国家パートナーシップの確立を通じて、外交面での地域的および国際的な存在感をさらに高めることを目指しています。

上記のビジョンを実現するための具体的なプロジェクトとして

  1. Hayah Karima(ハヤ・カリマ)
  2. New Administrative Capital(首都移転)
  3. Local Military Production(言辞生産)

が設定されています。

Hayah Karima(ハヤ・カリマ)

エジプトの最も貧困で恵まれた農村や僻地に、まともな生活に必要なまともな住居、質の高い医療・教育サービス、そして必要かつ基本的なインフラを提供することを目指すプロジェクト

New Administrative Capital(首都移転)

エジプトの新しい首都移転のプロジェクト

Local Military Production(軍事生産)

自国で軍事生産ができるプロジェクト

エジプトの首都移転プロジェクトの内容

運営会社

エジプト政府が建設の大部分の資金提供と管理を行うことになり、2016年4月21日に行政首都都市開発会社(ACUD)を設立した。この会社は、国防省(国家奉仕事業庁と政府機関)が主要株主であるエジプトの株式会社である「国軍プロジェクト局」が土地の現物出資により51%を保有し、住宅省の新都市コミュニティ局(NUCA)が200億エジプトポンド(2016年で22億米ドル)の資本注入により株式の49%を保有)および授権資本は2,040億エジプトポンド(220億米ドル)です。

ACUDは、NUCA傘下の新行政首都開発局と連携して、計画、分譲、インフラ建設、土地区画の販売を管理しており、NUCAが他のニュータウンと同様に行っています。

立地

新しい首都はカイロの東35kmに位置し、総面積は170,000エーカー(714k㎡)、日本でいえば、琵琶湖ぐらいの面積です。新しい首都は、地方環状道路、カイロ~スエズ道路、カイロ~エルアイン・エルソクナ道路の間に位置します。

新しい行政首都の位置は、現在の首都の延長線上にあり、スエズ運河地域に近いため、物流面でも戦略面でも有利な場所として選ばれました。

目標

  • 想定人口:650万人~700万人

建設予定の施設

  • 中央公園
  • 人工湖
  • 教育機関:2,000
  • テクノロジーおよびイノベーションパーク
  • 病院:18
  • モスクと教会:1,250
  • 93,440席のスタジアム
  • ホテル客室:40,000
  • ディズニーランドの4倍の広さの主要なテーマパーク
  • 90k㎡の太陽光発電所
  • カイロとの電気鉄道「カイロLRT」
  • 街路を監視する6,000台以上のカメラ

交通

  • LRT
  • 地下鉄4号線との接続
  • ラマダンライン
  • ブルーライン
  • モノレール
  • 地下鉄 3 号線フェーズ1B
  • 高速地方鉄道
  • バス路線

開発の原則

  • 持続可能な都市
  • 緑豊かな都市
  • スマートシティ
  • 歩きやすい街
  • 住みやすい街
  • つながる都市
  • ビジネス都市

政府・行政地区

34の省庁の建物と庁舎で構成されます。閣僚評議会、議会、上院の議長国を設立します。

中央ビジネス地区(CBD)

アフリカで最も高いタワーに加えて、多国籍企業の本社が含まれています。

Iconic Tower/アイコニックタワー(393.8メートル)

Oblisco Capitale Tower/オブリスコ キャピタル タワー(1,000メートル)

金融地区

ビジネスおよび金融地区には、中央銀行の本社、証券取引所、銀行の本社、および多くの大手企業が含まれます。

外交地区

1,500エーカーの面積を持つ外交地区には、外国のすべての外交使節団や大使館、国際機関が含まれます。大使館の近くには外交官の居住区も含まれています。

芸術文化都市

世界最大の文化芸術都市であり、新行政首都の一部となります。

この都市には、音楽、絵画、彫刻、手工芸品の分野における伝統芸術と現代芸術のいくつかの劇場、展示ホール、図書館、博物館、ギャラリーが設置される予定です。

3,300人を収容できる3つのメインホールと屋外劇場、映画館、レストラン、文化センターを持つオペラハウスが計画予定です。

カンファレンスセンター

管理棟、会議室等を備え、最大5,000名収容可能な複数のホールを備えたカンファレンスセンターです。2つのホテル、屋外展示エリア、国際基準の展示ホールを備えた900エーカーの展示都市を計画しています。

グリーンリバー

グリーンリバー、中央庭園、および市全体に広がる緑地は、70メートルから124メートルまでの幅があります。総面積は約25平方キロメートルです。都市の設計により、都市全体に広大な緑地が確保されています。

グリーンリバーパーク(キャピタルパークとも呼ばれる) は、ナイル川を代表する新首都全域に沿って計画された都市公園です。長さは35km (22マイル) になると予想されており、ニューヨークのセントラルパークの 2倍の大きさを目指しています。

スマートシティ

新しい首都は、国際的に認められるスマートシティになるために最新のテクノロジーを活用しています。新しい首都は、接続されたファイバーインフラストラクチャと共有モバイルタワーの上に構築されています。

市の管理と運営は、次のような名前の集中統合制御室によって実行されます。

  • シティオペレーションセンター
  • コマンドアンドコントロールセンター

新しい首都には、スマート ユーティリティ ネットワーク、インテリジェント ユーティリティ カウンター、スマート ポール、ビル管理システム (住宅/管理/商業)、交通管理、IPTV、駐車サービス、廃棄物管理などを含むがこれらに限定されない、いくつかのスマートサービスが含まれることが計画されています。サービスと統合されたWebおよびモバイル アプリケーションを利用して、市民や企業と対話します。

オクタゴン

オクタゴン(国家戦略的リーダーシップセンター)は、エジプトの国防省の新しい本部です。この複合施設は、米国の国防総省と同様に、この種の複合施設としては中東最大であり、世界最大の複合施設の 1 つと考えられています。

首都国際空港

首都国際空港は、エジプトの新首都の空港で、カイロにサービスを提供するカイロ国際空港と、ギザにサービスを提供するギザのピラミッド近くのスフィンクス国際空港に対する圧力を軽減することを目的としています。

新行政首都スタジアム

新行政首都スタジアム(スポーツシティスタジアム)は、2019年から建設中のスポーツスタジアムです。93,000人以上の収容が見込まれるこのスタジアムは、エジプトで最大、アフリカで2番目に大きいスタジアムとなり、カイロに代わるものと期待されています。新国立競技場としての国際競技場。それはより大きなオリンピックスポーツ複合施設の一部となります。

住宅地区

R1~R8までが住宅エリアです。

R3

  • レジデンス:697
  • ヴィラ:328
  • タウンハウス:157
  • 混合:73

R5

  • レジデンス:295
  • ヴィラ:105
  • タウンハウス:175
  • 混合:96

エジプトの首都移転プロジェクトの現状

執筆時点:2024年1月

2024年1月4日、都市開発行政首都(ACUD)のハレド・アッバス会長いわく「当社には毎日約4万8000人の従業員が出社している」と語っています。

ニューキャピタル(新首都)の進捗としては

  • 政府全体 → 移転済み
  • 議会 → 移転済み
  • カイロ東部からの電車は、昨年春に運行を開始
  • モノレールは、2024年の第2四半期から開業する予定
  • 大手銀行などは2024年第1四半期までに本社を移転する予定
  • 最大10万戸の住宅が完成し、1,200世帯が入居
  • 「グリーンリバー」と呼ばれる長さ10キロメートルの灌漑公園の造園が開始
  • 第2四半期までに9万3000席のスタジアムを備えた巨大なスポーツエリア、オリンピックシティを開設

となっています。

建設状況などは、ウェブサイトなどで公開されています。

おすすめのエジプト不動産物件情報

X

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ログイン

新規登録

パスワードをリセット

ユーザー名またはメールアドレスを入力してください。新規パスワードを発行するためのリンクをメールで送ります。