「Dubai 2040 Urban Master Plan(ドバイ・都市マスタープラン 2040)について教えてください。」

ドバイの不動産投資において、重要な要素である国家戦略「Dubai 2040 Urban Master Plan(ドバイ・都市マスタープラン 2040)」について丁寧に解説します。

「Dubai 2040 Urban Master Plan(ドバイ・都市マスタープラン 2040)」とは?

「Dubai 2040 Urban Master Plan(ドバイ・都市マスタープラン 2040)」は、ドバイの持続可能な都市開発のための包括的な計画です。

「Dubai 2040 Urban Master Plan(ドバイ・都市マスタープラン 2040)」は、1960年からのドバイ首長国にとって7番目の開発計画です。過去の開発計画が挙げた成果は、1960年から2020年の間に、ドバイの人口は1960年の4万人から330万人へと80倍に増加し、首長国の都市面積と建築面積は170倍に増加しています。

主要目標

  • ドバイの都市部をアップグレードする
    • デイラとバール・ドバイ
    • ダウンタウンとビジネス・ベイ
    • ドバイ・マリーナとJBR
    • エキスポ2020センターとドバイ・シリコン・オアシス・センター
  • リソース利用効率の向上
  • 活気に満ち、健康的で包括的なコミュニティを開発し、緑地とレジャーエリアを二重化し、住民と訪問者に健康的な環境を提供する
  • 持続可能で柔軟な移動手段を提供する
  • より大きな経済活動を促進し、新しい分野への海外投資を誘致する
  • 環境の持続可能性を高める
  • 首長国の文化遺産と都市遺産を保護し、古い地域への国民の愛着を強化する
  • 持続可能な開発と成長を支援するための包括的な法律を策定し、ガバナンスモデルを計画する

2040年までに実現する結果

  • 人口が増加(現在の330万人から780万人へ)
  • 都市中心部の開発(5都市中心部)
  • 主要な公共交通機関の駅から800メートル以内に住む人口の割合55%
  • 住民のあらゆるニーズに応え、柔軟で持続可能な移動手段を使用してアクセスできるサービスセンターの開発
  • 緑とレクリエーションスペースのサイズが2倍(+105%)
  • 自然保護区と田舎の自然地域が首長国の総面積の60パーセントに
  • サービスエリア、住宅エリア、職場を結ぶ緑の回廊が複数設置され、都市全体での歩行者、自転車、持続可能な移動手段の移動を促進する
  • ホテルや観光活動のための土地面積は134%増加し、商業活動のための土地面積は168平方キロメートルに増加する
  • 教育施設と保健施設のための土地面積は25パーセント増加する
  • 公共ビーチの長さは400%増加する
  • 20年以上にわたって市民のニーズに応える最高水準の統合された多様な住宅オプション
  • 首長国の持続可能な開発と改善を支援する都市計画法の策定

「Dubai 2040 Urban Master Plan(ドバイ・都市マスタープラン 2040)」の内容

生活の質の向上

この計画では、主に5つの主要な中心地を中心に開発を進め、ドバイの都市部を改善することを想定しています。主な優先事項には、資源利用効率の向上、活気に満ちた健康的で包括的なコミュニティの開発、住民や訪問者に健康的な環境を提供するための緑地やレジャーエリア、公共公園の倍増などが含まれます。

新しい基本計画はまた、持続可能かつ柔軟な移動手段を提供するとともに、より大きな経済活動を促進し、新たな分野への海外投資を誘致することも目指しています。その他の目的には、環境の持続可能性の向上、首長国の文化遺産と都市遺産の保護、包括的な法律と計画ガバナンスモデルの開発が含まれます。

5つの都市中心部

ドバイ都市マスタープランは、経済セクターの成長と多様な人口の雇用機会の増加をサポートする5つの主要な都市中心部 (3 つの既存中心地と 2 つの新規中心地) での開発と投資に焦点を当てており、また、幅広いライフスタイル施設を提供しています。人口のあらゆる層のニーズに応えます。

既存の都市中心部には、首長国の伝統と遺産を強調する歴史地区であるデイラやバールドバイが含まれます。ダウンタウンとビジネスベイを取り囲む都市のビジネスと金融の中心地。ドバイ マリーナとJBRを取り囲むホスピタリティとレジャーのセンターであり、国際的な観光とレジャーの拠点として機能します。

2つの新しいセンターには、手頃な価格の住宅を提供し、展示会、観光、物流部門の中心となる経済と成長のホットスポットであるエキスポ2020センターが含まれます。ドバイ シリコン オアシス センターは、イノベーション、デジタル経済の発展、人材の育成を推進する科学技術と知識のハブです。

施設への公平なアクセス

新しいマスタープランでは、都市中心部の開発に対する統合的なアプローチを定義しています。すべての住民が市内全域の施設、サービス、機会に公平にアクセスできるようにする。

都市化レベルに応じて、マスタープランは都市内のコミュニティの階層を定義します。その中で最大の首長国には、人口100万から150万人の5つの主要都市中心部のそれぞれの周囲に建設された5つの主要な「町」が含まれており、次に人口30万から40万人の複合部門が続きます。

人口70,000人から125,000人のセクター、人口20,000人から30,000人の地区、人口6,000~12,000人のコミュニティ、そして最後に人口2,000~4,000人の近隣地域です。これらのレベルに基づいて、インフラストラクチャと交通システム、エネルギーと政府サービス、病院、学校、サービスセンター、レジャーセンターなどの施設がドバイ全土に提供されることになります。

人口

最近の研究によると、ドバイの居住者数は2020年の330万人から2040年までに580万人に増加すると予想されており、昼間人口は2020年の450万人から2040年には780万人に増加すると予想されています。

制限内で利用可能なスペースを活用することについて、現在の都市と既存の市街地における開発の集中。ドバイ全土に簡単にアクセスできる統合サービスセンターが設立され、人口のあらゆる層のニーズに確実に応えられるようになります。この計画は、主要な公共交通機関の駅周辺の人口密度を高めながら、都市の生活の質を向上させることを目指しています。

持続可能性に根ざした成長

この計画では、増加する住民や訪問者に対応するため、緑地とレクリエーションのスペース、および公共公園専用エリアの規模が2倍になります。自然保護区と田舎の自然地域が首長国の総面積の60%を占めることになります。

開発業者や政府部門と連携して、サービスエリア、住宅エリア、職場を結び、都市全体の歩行者、自転車、持続可能な移動手段の移動を促進するために、いくつかの緑の回廊が設立されます。ホテルや観光活動に使用される土地面積は 134%増加し、商業活動に使用される土地面積は168平方キロメートルに増加します。

ドバイは今後も革新的な新興企業、国際企業、戦略的投資の世界的な拠点であり続けます。また、マスタープランでは、住民と訪問者の生活の質を向上させるため、教育施設と保健施設に割り当てられる土地面積を25%増加させる一方、公共ビーチの長さは2040年までに最大400%増加するとしています。

都市マスタープラン2040に沿って、ドバイは首長国の多様な人々の将来の願望を考慮し、持続可能な開発と成長を支援する統合的かつ柔軟な都市計画法を公布する。マスタープランは、すべての利害関係者の相互関係と責任を合理化する都市計画システムの統合ガバナンスのモデルを特徴としています。

新計画では、都市の空きスペースを整備することで開発の効率を高め、インフラの最適利用を促進する。マスタープランは、意思決定をサポートし透明性を高めるための包括的な計画データベースを開発することに加えて、大量交通機関の利用、徒歩、自転車、柔軟な交通手段の利用を奨励することを目的としています。

ドバイ都市マスタープラン 2040には、この地域の包括的な開発の枠組みを構築したハッタ開発計画が統合されています。この計画は、ハッタの自然と観光名所の開発と知名度の向上を図るとともに、民間部門と協力してその環境を保護することを目指しています。ハッタ開発計画は、地元の人々に観光を促進し、地域の自然の美しさとアイデンティティを保護する取り組みに参加する機会を提供します。

この計画はまた、住民のニーズを満たす統合された持続可能な集合住宅の開発も目指しています。2040年の都市マスタープランでは、最高の計画基準に従って、人間の福祉の向上を目的とした緑地、商業センター、レクリエーション施設を備えた統合コミュニティを開発します。

ドバイのメトロ&トラム

日仏共同企業体は、ドバイ・メトロの運営・保守およびドバイ・トラムの運行契約を獲得した。契約期間は15年(基本9年、更新可能6年)で、年間総額は約5億4,200万ディルハムに達する。

同コンソーシアムはケオリス、三菱重工エンジニアリング、三菱商事の3社で構成されている。この契約の締結は、鉄道運営と保守を専門とする4つのコンソーシアムと国際企業が参加した道路交通局(RTA)によって発表された公開入札に続くものである。提出された提案は分析され、最良の技術的および財務的提案を提出した日仏コンソーシアムとの契約が締結されました。

コンソーシアムは、2021年9月8日からドバイ・メトロの運営と保守、およびドバイ・トラムの運営に対応することになります。その前に、現在の運営者から新しい運営者への資産とシステムの引き継ぎの準備が行われます。契約が開始されたら、ドバイの地下鉄とトラムの安全かつスムーズな運行を確保します。

役割と責任

「契約に従って、コンソーシアムはドバイ地下鉄の赤線と緑線、およびルート2020の運営および保守サービスを引き受けることになります。また、ドバイ・トラムの運営、および地下鉄と路面電車のネットワークのすべての資産にも対応します。」列車、制御センター、駅、および関連インフラストラクチャ。また、地下鉄や路面電車の利用者数の日々変化する要件に対応した高級旅客輸送サービスの提供にも注力する」とアル・タイアー氏は述べた。

「この契約には、地下鉄駅でのノルカードの販売とリチャージを含む、自動化された地下鉄と運賃システムの運用と保守も含まれています。それは、首長国連邦に上級職、技術職、管理職を提供し、鉄道業務に関する訓練を行うことを求めている。 RTA は国民に資格を与え、国民にさまざまな機会を提供することに熱心に取り組んでいます。

ドバイの地下鉄とトラムのネットワークは約100km (ルート2020 を含むレッドラインとグリーンラインは90km、トラム路線は10.6 km) に及びます。
このネットワークには、64の駅 (地下鉄53駅、トラム11駅) があり、129 の地下鉄と 11のトラムが運行しています。
地下鉄と路面電車の合計乗客数は年間約2億1,000万人です。

まとめ

ドバイが多くの富裕層から評価されているポイントは、ドバイショックなどがあったとは言え

計画をしっかり実現してきたこと

なのです。

今回の「Dubai 2040 Urban Master Plan(ドバイ・都市マスタープラン 2040)」は、7回目の計画でした。過去の6回すべてが100%成功というわけではありませんが、着実に成長を遂げた実績が、富裕層からの信頼を勝ち取った理由ですので、このプロジェクトも、大部分は達成するのではないでしょうか。

当然、ドバイの不動産価格も、計画とともに上昇していくことが想定されます。

X

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ログイン

新規登録

パスワードをリセット

ユーザー名またはメールアドレスを入力してください。新規パスワードを発行するためのリンクをメールで送ります。