フィリピン不動産投資に重要なポイントとなる「マニラ首都圏MRT4号線計画(MRT-4)」について丁寧に解説します。

「マニラ首都圏MRT4号線計画(MRT-4)」とは?

マニラ首都圏MRT4号線計画(MRT-4)は、マニラ首都圏を通る新しい鉄道です。高架の大量高速輸送 (MRT) 鉄道になります。背景としては、リサール州タイタイのティクリングからパシグ市のオルティガスCBDまでの平均通勤時間は、ラッシュアワー時に最大3時間かかるほど、渋滞が悪化している点です。

メトロマニラには、LRT、MRT、PNRという3種類の電車があります。LRT-1、LRT-2、MRT-3です。これに続いて計画されているのがMRT-4です。

このプロジェクトは、2015年6月に国家経済開発局の投資調整委員会 (ICC) によって官民パートナーシッププロジェクトとして承認されたものです。

当初、「大型モノレール」として提案されていたが、運輸省 (DOTr) から委託されたスペインの設計コンサルタント IDOM Consulting Engineering Architecture SAの推薦を受けて、2022年に従来の鉄道システムに修正されました。

この鉄道にはアジア開発銀行(ADB)が資金提供する計画です。

  • 所有者:フィリピン政府
  • システム:マニラMRT
  • 一日あたりの乗客数:234433人(推定)
  • 全長:12.7km (7.9マイル)
  • 運用開始: 2028年予定
  • 駅数:10駅

「マニラ首都圏MRT4号線(MRT-4)」が通る路線

出典:ABS CBN NEWS
  1. タイタイ駅/Taytay
  2. マニライーストロード駅/Manila East Road
  3. ティクリング駅/Tikling
  4. サンファン駅/San Juan
  5. カインタ ジャンクション駅/Cainta Junction
  6. セントジョセフ駅/St. Joseph
  7. ロザリオ駅/Rosario
  8. ティエンデシタス駅/Tiendesitas
  9. メラルコ駅/Meralco
  10. エドサ駅/EDSA

ターミナル駅

  • メラルコ駅/Meralco 接続:マニラ首都圏地下鉄(MMS)
  • エドサ駅/EDSA 接続:MRT3号線

「マニラ首都圏MRT4号線(MRT-4)」の現状

執筆時点:2023年7月

2023年3月31日、フィリピン運輸省 (DOTr) は、新しい鉄道路線の開発を開始するために、マニラ首都圏MRT4号線(MRT-4)のコンサルタント (SOC) :ブリスベンに本拠を置くRicardo Rail Australia Pty Ltd.との契約に署名しました。

Ricardo Railは、MRT-4をどのように運営および維持するかについての設計を準備する任務を負っています。

昨年、セサール・チャベス運輸次官は、DOTrがMRT-4をモノレールから地下鉄にアップグレードし、ADBがこのプロジェクトに対して10億ドルの融資を発行する予定であることを認めました。

DOTrは、容量、保守性、拡張性の目的から、MRT-4を地下鉄鉄道システムに変更することを決定しました。調整前、政府は運行に必要なスペースを少なくするために MRT-4をモノレールにすることを望んでいました。

スペインの多国籍企業 IDOMは、地下鉄レールの設計がMRT-4に最も適合すると述べた。

同様に、MRT-4 を地下鉄鉄道システムに変えることで、政府はそのような鉄道の技術サプライヤーの利用可能性に基づいてインフラストラクチャを簡単に修正および改善できるようになります。

MRT-4は、ケソン市のロビンソンズ ガレリア近くのEDSA駅から始まり、リサールのタイタイ公設市場横のタイタイ駅までの合計10駅を運行します。

出典:Philstar.com

2023年5月15日、政府は、プロジェクトの設計と技術の変更により、MRT-4の建設にさらに約280億ペソを支出する予定です。

DOTr は 2024 年の第 1 四半期までに初期工事を開始する予定です。2023 年から 2024 年の間に、プロジェクトのプロジェクト管理コンサルタントを調達し、土木工事、鉄道システム、列車の契約パッケージを入札する予定です。

建設は、2024年第3四半期までに開始され、完全運用は2028年に予定されています。

MRT-4は10の駅からなる12.7キロメートルに延長され、マニラ首都圏の2都市(ケソン市とパシグ市)とリサールの2つの自治体(カインタとタイタイ)をカバーします。

この鉄道は、MRT-3とマニラ地下鉄と接続され、タイタイとオルティガス間の移動時間が 30 分に短縮されます。

出典:Philstar.com

まとめ

MRT-4は、モノレールから地下鉄に、2025年開業から2028年開業に、計画変更があった鉄道計画です。

ただし、フィリピン政府が進めている鉄道計画であり、アジア開発銀行(ADB)が資金提供するため、確実性の高いプロジェクトと考えられます。

十分に、フィリピン不動産投資の一つの要素として考えるべきプロジェクトと言えます。

X

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ログイン

新規登録

パスワードをリセット

ユーザー名またはメールアドレスを入力してください。新規パスワードを発行するためのリンクをメールで送ります。