ケソン(Quezon)不動産の販売価格・家賃・利回りデータなどの不動産データを紹介します。

ケソン(Quezon)とは?

ケソン(Quezon)は、ケソン市・ケソンシティと呼ばれる都市で、フィリピンで最も人口の多い都市です。ケソンシティは、計画された都市で、総面積は161.11平方キロメートル (62.20平方マイル) であり 、陸地面積の点ではマニラ首都圏最大の都市となっています。1948年から1976年までマニラ市の代わりとして首都機能を果たしていました。

ケソン シティは、文化、エンターテイメント産業、メディアで知られ、「星の街」と呼ばれています。主要な放送ネットワークは、市内に本社とスタジオを置いています。商業、教育、研究、テクノロジー、政治、観光、芸術、スポーツでも知られています。フィリピン下院の本拠地であるバタサン パンバンサ コンプレックスを含むいくつかの政府機関がこの都市を本拠地としています。

ケソン市は、ビジネスと商業の中心地であり、銀行と金融、小売、交通、観光、不動産、エンターテイメント、ニューメディア、伝統的メディア、電気通信、広告、法律サービス、会計、医療、保険、劇場、フィリピンのファッションとアートと幅広い特徴のある都市です。フィリピン国家競争力評議会は、都市および地方自治体競争力指数 (CMCI) を毎年発表し、経済ダイナミズム、政府の効率性、インフラストラクチャに基づいて国の都市、地方自治体、および州をランク付けしています。ケソンシティは、2015年から 2019年まで、国内で最も競争力の高い都市であり、ビジネスを行うのに最適な都市の1つとされています。2019年の時点で、ケソン市は、マカティに次いでフィリピンで2番目に裕福な都市となっています。

不動産投資としては、ケソンシティは、裕福な都市であり、昔ながらの富裕層が住んでいる地域で、渋滞が少なく、住みやすい街というイメージです。家賃相場が低いため、不動産価格も高くありません。現状は大規模開発のプロジェクトは少ないですが、地下鉄や高速が整備されれば、徐々に開発の流れが、マカティ、オルティガスから徐々に北に延びてくるため、ケソンシティに移ってくるのではないかと考えられています。キャピタルゲインを大きく狙うためには、まだ低価格で買えるケソンシティは、注目のエリアと言えます。

ケソン(Quezon)の位置

ケソン(Quezon)不動産の販売価格・家賃・利回りデータ

最新サマリー

ケソン
Quezon

  • 為替:1PHP = 2.65円
  • 調査データ年月:2024年3月
  • 平米あたり販売価格(中央値):149,921PHP (397,291円)
  • 平米あたり販売価格(平均):110,582PHP (293,042円)
  • 販売価格(中央値):5,736,024PHP (15,200,464円)
  • 販売価格(平均):4,233,987PHP (11,220,066円)
  • 平米あたり家賃(中央値):592PHP (1,569円)
  • 平米あたり家賃(平均):533PHP (1,412円)
  • 家賃(中央値):23,513PHP (62,309円)
  • 家賃(平均):19,005PHP (50,363円)
  • 利回り(平均で計算):5.39%

ケソン(Quezon)不動産の平米あたり販売価格

ケソン(Quezon)不動産の販売価格

ケソン(Quezon)不動産の平米あたり家賃

ケソン(Quezon)不動産の家賃

ケソン(Quezon)不動産の利回り

出展:dotproperty

X

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ログイン

新規登録

パスワードをリセット

ユーザー名またはメールアドレスを入力してください。新規パスワードを発行するためのリンクをメールで送ります。